無料カウンセリング

無料メール相談

医院ブログ|ひらざわ矯正歯科クリニック|名古屋から急行で10分|日曜診療

/名古屋駅から急行10/

土日診療駐車場完備

0120-17-18-18

〒497-0034 愛知県海部郡蟹江町本町9-45

午前 10:00 - 13:00
午後 14:30 - 19:00(土曜18時まで)

休診日 - 水・木・祝日

キービジュアル

「目立ちにくい矯正装置」にはどのようなものがあるの?Ver2|愛知・名古屋の矯正歯科クリニック

2020年02月20日

今回は、「目立ちにくい矯正装置にはどのようなものがあるの?」のVer2になります。
前回は、裏側矯正(フルリンガル)、ハーフリンガルに関してご説明しました。

 

今回は、透明で取り外しできる「マウスピース矯正」と、従来から存在するワイヤーを利用した矯正で目立ちにくく加工した装置に関してご説明します。

 

1.取り外しができる「マウスピース矯正」

1-1.透明のマウスピースを使った矯正治療

近年新たに誕生したマウスピース矯正は、薄い透明のマウスピースの装着を繰り返しながら歯並びを整えていきます。各ステップに合わせて数十枚のマウスピースを作製し、それを1~2週間ごとに交換しながら理想的な歯並びに近づけていきます。

 

1-2.食事や歯磨きの時に取り外しが可能

マウスピース矯正が他の矯正装置と大きく異なるのは、装置が固定式ではなく取り外しができる点です。食事や歯磨きなどもマウスピースを外して行えるため、矯正治療中によくある「食べ物が食べづらい」「歯ブラシが当てにくい」といった悩みが解消されます。

 

1-3.見た目・装着感は文句ナシ!ただし適用条件が限られる

マウスピース矯正は治療中もそれを周囲の人に気づかれる心配がなく、また装着による違和感や不快感が少ないのが最大のメリットです。ただ適用できる条件が限られており、歯並びの状態によってはマウスピース矯正での治療が行えない場合があります。

 

またマウスピースは基本的に1日20時間以上の装着が必要であり、歯科医の指示通りに装着しないと良好な結果が得られない可能性があるため注意が必要です。

 

費用面については裏側矯正ほど高額ではないものの、一般的な矯正治療(表側矯正)よりもコストは高くなります。

 

2.比較的リーズナブルな矯正「審美ブラケット矯正」

2-1.白いブラケットとワイヤーによる表側矯正

審美ブラケット矯正ではこれまでのような金属製のブラケットではなく、プラスチックやセラミックなど“白い材質”でできたブラケットを使用していきます。表側に装着しても歯の色に馴染むため、従来ほど装置が目立ちません。ワイヤーも白くコーティングされたものを使用すれば、さらに目立ちにくくすることができます

 

2-2.治療期間が短縮できる

審美ブラケット矯正を含め、表側矯正は矯正治療の中で最もオーソドックスな治療法であり、どのような歯並びにも対応することができます。また他の矯正装置と比べ、治療期間が短いのもメリットです。

 

審美ブラケット矯正については近年、ブラケットとワイヤーの摩擦を少なくした「セルフライゲーションブラケット」という装置も新たに誕生しています。セルフライゲーションブラケットは歯に弱い力を加えながら歯を動かしていくため治療中の痛みが少なく、治療期間もさらに短縮できるのが特長です。

 

2-3.“見た目”よりも“コスト”を重視したい人におすすめ

審美ブラケット矯正は従来の装置(金属ブラケット)と比べ目立ちにくいものの、装置自体は歯の表側に取りつけるため「周囲に気づかれない」というまでにはいたりません。

 

ただこれまでにご紹介した“目立ちにくい矯正装置”の中では費用が最も安いため、コストをより重視したい人にはおすすめの治療法といえます。

 

3.「目立ちにくい矯正装置」には高度な知識と技術が必要

以上にご紹介してきた矯正装置に共通していえるのは、いずれの装置もそれを実際に使用して治療する歯科医には、より高度な知識と技術が求められるということです。

 

「目立ちにくい矯正装置」はこれまで“見栄えが悪くなる”という理由で治療をあきらめていた人にとっては画期的な治療法で、近年その人気も急速に高まってきています。一方で、その人気に乗じて専門的な知識や技術を持たない歯科医が安易に矯正治療を行うケースや、実際にそのような治療によるトラブルも増えているため注意が必要です。

 

「目立ちにくい矯正装置」をはじめとする矯正治療は、大学や学会などの専門機関で矯正歯科に関する知識や技術を学んだ経験のある歯科医のもとで行うことをおすすめします。

「目立ちにくい矯正装置」にはどのようなものがあるの?Ver1|愛知・名古屋の矯正歯科クリニック

2020年02月20日

これまでの矯正治療は、「治療中に装置が目立つ」という点がデメリットの1つに挙げられていました。しかし近年は治療中でも目立ちにくい矯正装置が新たに誕生し、これまで“見栄えが悪くなる”という理由で治療をあきらめていた人を中心に注目を集めています。

 

そこで今回は目立ちにくい矯正装置の種類や、それぞれ実際にどの程度「目立ちにくい」のか、また気になる費用面なども詳しくご紹介していきたいと思います。

 

1.表からは見えない「裏側(リンガル)矯正」

1-1.装置を歯の裏側に装着

裏側矯正では、通常は歯の表側に取りつける“ブラケット”という小さな部品やワイヤーを、歯の裏側に装着していきます。装置のすべてが裏側にあるため、よほど口を大きく開けない限り、装置が人の目に触れる心配はありません。

 

1-2.「虫歯になりにくい」というメリットも

裏側矯正は装置が目立たない以外にも、虫歯になりにくいというメリットがあります。
歯の表面は“エナメル質”という硬い層で覆われていますが、このエナメル質は表側よりも裏側のほうが厚く、虫歯による影響を受けにくくなります。また歯の裏側は唾液によるクリーニング作用が働きやいため、虫歯菌の増殖も抑えられます。

 

1-3.見た目は◎。ただし装着感・費用面は△

周囲の目を気にせず治療ができる点では非常に優れている裏側矯正ですが、一方で装置による違和感が強く、とくに舌の感覚が妨げられやすい点がデメリットとなります。時間の経過とともに違和感もある程度は解消されますが、人によっては治療期間中に「話しづらい」「食べづらい」といったことが続くケースもあります。

 

また裏側矯正では個々の歯の形にあったオーダーメイドタイプの装置を使用するため、他の矯正装置よりも費用は高額になります。

 

2.“表”と“裏”のイイとこ取り「ハーフリンガル矯正」

2-1.上は”裏側“に、下は”表側“に装着

裏側矯正では装置をすべて歯の裏側に装着しますが、ハーフリンガル矯正では上の歯は裏側に、下の歯は表側にブラケットとワイヤーを装着していきます。下の歯は基本的に唇で隠れていることが多いため、普通の会話やニッコリ笑った程度であれば装置が人の目に触れることはありません。

 

2-2.食事や会話の邪魔になりにくい

下の歯は表側に装置を取りつけるハーフリンガル矯正は、裏側矯正のデメリットである「舌が装置に触れる違和感」が解消されます。装置が食事や会話の邪魔にならない点がメリットです。

 

2-3.“裏側”よりも見た目は劣るが費用面は〇

ハーフリンガル矯正は一部が表側に装着されるため、裏側矯正と比べると見た目が少し劣ってしまうことは否めません。ただ費用面については通常の矯正治療(表側矯正)よりは高額であるものの、裏側矯正よりもコストが安く抑えられます。

 

今回はここまでです。
次節はその他の目立ちにくい矯正装置「マウスピース矯正」と「審美ブラケット矯正」をご紹介します。

子供だけではない、大人の成人矯正|愛知・名古屋の歯列矯正

2020年01月14日

 

1-1.増えている大人の矯正治療

かつては「子どもが受ける治療」というイメージが強かった矯正治療ですが、近年は大人になってから治療をはじめる人も増えています

 

歯並びの悩みは、実は子どもの頃よりも大人になってからのほうが深刻になりやすいもの。社会に出てから口元のコンプレックスが足かせとなり、周囲とうまく馴染めない自分に自信が持てなくなる方が少なくありません。

 

大人の矯正治療はこのような長年抱えてきたコンプレックスを解消し、自分の表情や気持ちに自信を取り戻せることが大きなメリットとなります。

 

また基本的に“保護者主導”で行う子どもの矯正治療とは異なり、本人に強い意思と意欲のある大人の矯正治療は、治療が予定通りにスムーズに進みやすい点もメリットといえるでしょう。

 

1-2.大人の矯正治療は“健康面”にもメリットが

大人の矯正治療は見た目のコンプレックス解消のほかに、健康面にも大きなメリットをもたらします。

 

キレイな歯並びは虫歯や歯周病のリスクを減らすほか、正しい噛み合わせによって消化吸収が良くなると、便秘などの胃腸障害も改善されます。

 

また歯並びや噛み合わせが良くなると頭の位置が安定しやすくなり、体全体のバランスや姿勢が整えられます。これによって首や肩の凝り、腰痛などが改善するケースも多くみられます。

 

1-3矯正装置は日々進化している

 

「歯並びを治したい」と思っていても、そのハードルを高くしてしまうのが矯正治療にかかる費用や治療中の見栄えの悪さです。とくに治療中の見た目に関しては接客業や営業職など、人と接する機会の多い職業の人ほどネックになります。

 

ただ矯正治療の装置や治療法は昔と比べると格段に進化し、治療中でも見えない、あるいは目立ちにくい装置がいくつも誕生しています。

 

例えば、透明で取り外しできるマウスピース型の矯正装置、歯の裏側に装置をつける裏側矯正、歯の表側に目立ちにくい装置をつける表側矯正など。

 

どの装置が良いかは、患者さん次第。

 

●治療中の見た目をよくしたい!
●取り外せる装置にしたい!
●できれば活舌が悪くなりにくい装置にしたい!
●費用をできるだけ抑えたい!

 

このようなご要望を、担当にお伝えください。
あなたに合った装置をご提案いたします。

 

4.まとめ

矯正治療はかつて「口元の見た目を良くするために、一時的に見た目が悪くなる」というジレンマを抱えていました。しかし近年の治療技術の発展によって、矯正治療中も見た目を損なうことなく、周囲の目を気にせずに治療できる新たな矯正装置が誕生しています。

 

ただこれらの矯正装置による治療は、従来の矯正治療よりもさらに高度な知識や技術が歯科医に求められます。したがって「安い」「早い」といった安易なフレーズに惑わされることなく、専門的な技術を有した歯科医のもとで治療を行うよう注意しましょう。

「マウスピース矯正」と「ワイヤー矯正」の違いをまとめてみました|愛知・名古屋の矯正歯科

2020年01月14日

矯正装置には「マウスピース矯正」と「ワイヤー矯正」があります。
それぞれ特徴がありますので、違いをまとめてみました。

 

こちらを参考にご自身の生活スタイルやお好みに合わせて、どの装置が適切か担当医と相談いただければと思います。

 

 

 

その他、「マウスピース矯正を受けたいけれど、歯並びががたついているので受けられない」という場合でも、ワイヤー矯正である程度歯並びを整えた後でマウスピース矯正に切り替える「ハイブリッド矯正」という方法もあります。

 

使用する矯正装置はもちろん、お手入れや着脱のしやすさ、治療期間、費用感など、それぞれで異なりますので、自分のお好みやご職業、予算などさまざまな角度から検討した上で、どちらを選ぶかを決めるとよいでしょう。

 

もし「どちらにしようか迷う」「矯正治療が続けられるか不安だ」という方は、治療前のカウンセリングで相談してみてくださいね。

 

美しい歯並びを手に入れるには、ある程度の年月がかかります。矯正治療の効果を高めて1日でも装置をつける期間を短くするには、自分に合った治療方法を選ぶことが何よりも大切です。

 

上記を参考にしながら、自分に合う方法がどれなのかを探してみてください。わからないことや不安なことがあれば、通っているもしくは通う予定の歯医者さんに相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

ワイヤー矯正の種類はどのようなものがあるの?表側?裏側?|愛知・名古屋の矯正歯科

2019年12月24日

ワイヤー矯正は、「ブラケット」と呼ばれる板状の装置をワイヤーに通した矯正器具を使用して歯並びを改善していくものです。ワイヤー矯正には、歯の表面に装置をつける「表側矯正(ラビアル法)」と歯の裏に装置をつける「裏側(舌側)矯正(リンガル法)」の2種類があります。

 

1-1:表側矯正(ラビアル法)

 

表側矯正とは、歯の表面に矯正器具をつけて歯並びを治す方法で、日本では最も治療実績が長いとされています。人から装置が見えやすくなるので、装置が見えても気にならない方におすすめです。

 

ブラケット・ワイヤーともに金属のものがオーソドックスではありますが、ブラケットを白いセラミックやプラスチックに、ワイヤーを白いワイヤーにすれば、目立ちにくくすることも可能です。

 

1-2:表側矯正のメリット・デメリット

 

表側矯正には、次のようなメリット・デメリットがあります。

 

<メリット>
 他の矯正治療に比べて費用が安価
 舌の動きの邪魔にならないので食事がしやすい
 発音に影響しにくい

 

<デメリット>
 矯正装置が外から見える
 装置が歯の表面についているので唇が閉じにくい
 口の中の粘膜に装置が触れて傷がつき、口内炎になることがある

 

1-3:裏側(舌側)矯正(リンガル法)

裏側(舌側)矯正とは、歯の裏側に矯正装置をつけて歯列を矯正する治療方法です。奥歯を起点に歯を奥に引っ張るので、出っ歯や受け口の治療に向いています。装置をつけていることが人から気づかれにくいため、「装置が人から見えるのがいやで矯正治療をためらっていた」という方にもハードルが低いのではないでしょうか。

 

裏側(舌側)矯正は、アナウンサーやモデルのほか、講師業や接客業など人前に出るお仕事をされている方におすすめです。

 

1-4:裏側矯正のメリット・デメリット

 

裏側矯正には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

 

<メリット>
 外から矯正装置が見えにくいので、人に気づかれにくい
 歯の表面のエナメル質が傷つかない
 前歯が引っ込みやすいので出っ歯や受け口の方に向いている

 

<デメリット>
 装置が舌にあたるので違和感をおぼえることがある
 装置の汚れが見えにくく、お手入れがしにくい
 装置が舌にあたってしゃべりづらいことがある
 表側矯正よりも費用が高い

そもそも「マウスピース矯正」とは?インビザライン?アソアライナー?|愛知・名古屋の矯正歯科

2019年12月24日

「友達と話をしているとき、歯並びが気になって口を開けて笑えない」
「人前に出る仕事に就くことになったので、歯並びを治したい」
そういうときには、歯科医院で矯正治療を受けられることをおすすめします。

 

矯正治療は子どものうちしか受けられない、というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、実は矯正治療は「受けたい」と思ったその日から誰でも始められるのです。

 

矯正治療は、使う矯正器具の種類により、「マウスピース矯正」と「ワイヤー矯正」の2つに大きく分かれますが、この記事では、マウスピース矯正に関してご説明します。

 

1 マウスピース矯正とは

 

 

マウスピース矯正は、無色透明のマウスピースを使用して歯を徐々に移動させる治療法です。マウスピースは、ラグビーやボクシングなど、身体を接触するスポーツで使うものというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、歯の矯正治療にも使われます。

マウスピース矯正で使用する装置はいくつか種類がありますが、ここでは「インビザライン」と「アソアライナー(旧名:クリアアライナー)」の2つをご紹介します。

 

1-1 インビザライン

 

インビザラインとは、アメリカのアライン・テクノロジー社が開発・製造している矯正装置のことです。事前にコンピューターで歯の動きをシュミレーションし、治療開始時にすべてのマウスピースを作成して1~2週間ごとに取り換えるので、衛生的に使える点がメリットです。

 

インビザラインが適応できる症例は今まである程度限られていたのですが、昨今では世界中から臨床データが集まってきており、今までインビザラインでの治療が難しかった歯のかみ合わせや歯のねじれの治療にも利用できるようになっています。

 

1-2 アソアライナー(旧名:クリアアライナー)

 

アソアライナーとは、日本国内の矯正専門の技工所が開発・製造している矯正装置のことです。装置を取り換えるたびに歯型を取って新しいマウスピースを作成するため、正確に歯を動かすことができます。インビザラインに比べてプレートが薄いので、目立ちにくい点もメリットです。

 

1-3 マウスピース矯正のメリット・デメリット

 

インビザライン・アソアライナーを含むマウスピース矯正のメリットとデメリットは以下のとおりです。

 

<メリット>
 装置が無色透明なので目立ちにくい
 違和感が少ない
 自由に着脱ができる
 食事や歯磨きのときに装置を外せる
 お手入れがしやすい
 医療用プラスチックを使用しているため金属アレルギーの心配がない

 

<デメリット>
 1日17~20時間以上と、長時間装着することが必要。
 決められた時間装着しなければ、歯が動かず治療期間が長くなる
 歯と歯が重なっている、顎の位置が上下でずれのある場合は適応できない

 

 

マウスピースの着色②【洗浄方法】

2019年12月13日

 

 

 

こんにちは、

ひらざわ矯正歯科クリニックです🙂💖

今回は、マウスピースのお手入れ方法について

お話ししていきます。

前回お話したように、当院ではマウスピースを着けたまま

色の濃い飲み物を飲むことはおすすめしておりません🤷‍♂️

 

ですが、忙しかったり、そのまま飲んでしまう。

という方もいるかと思います。

当院では、マウスピースは歯ブラシで水洗いし

色や匂いが気になる場合、専用の洗浄剤を使用することを

お勧めしています。

 

歯磨き粉を使えば着色も取れそう!!

と思う方もいるかと思いますが、

歯磨き粉を使ってしまうとマウスピースに

傷がつき、その傷の中に色が入り込んでしまうため

かえって着色しやすくなってしまいます。

 

そこで、専用の洗浄剤

「リテーナーシャイン」

で、どれだけ着色が落ちるのか実験をしてみました😄

 

使い方はとても簡単で、

マウスピースが浸る量の水かぬるま湯に

ティースプーン1杯のリテーナーシャインを入れるだけです。

 

 

 

 

するとこんな風に青くなり、泡が出ます。

この状態で15分以上放置します。

 

青色の水が透明になったら洗浄完了のサインです

後は洗い流すと、、、

 

 

 

どうでしょう!ほとんど気にならなくなりました

比べてみると全然違いますよね

 

 

リテーナーシャインは1箱で60回分使用できます。

毎日使うものではないため、3日に1回

もしくは1週間に1回と考えると

1箱で半年から1年以上もつという事になります。

 

洗浄だけでなく消臭、除菌もしてくれるので

ぜひ使ってみてくださいね😁✨

 

 

マウスピースの着色①

2019年11月15日

こんにちは、

ひらざわ矯正歯科クリニックです🦷✨

 

当院では、インビザラインを始めるときに

マウスピースをはめたまま水以外の飲み物を

飲むのはおすすめしていません。

 

 

何故かというと

マウスピースをはめたままコーヒー、お茶など

色が濃い物を飲むとマウスピースにも

歯にも着色してしまいます。

 

 

また、砂糖が入っているコーヒー☕、ジュース🥤などは

歯にずっと甘い砂糖が密着している状態になるので

虫歯になる恐れもあり、控えてもらっています。

 

今日はインビザラインをつけたまま

お茶、コーヒーを飲むとどれだけ

着色してしまうのか実験してみました😳💥

 

 

色の濃い黒烏龍茶とコーヒーで試してみます。

 

1日に3回ほど飲むと考えて30分浸した状態で

放置します。

放置した後、水洗いした結果です。

 

写真では分かりにくいですが

コーヒーの方は奥歯や糸切り歯の所に

茶色く色づいたのがわかりますね☹☹☹

 

黒烏龍茶の方もコーヒーよりも

着色は少ないですが奥歯の所に少しついています。

 

単純に考えると、1日でこれだけつくということになります。

例えば、マウスピースの交換が1週間/枚だとすると

この写真の7倍ついてしまうことになります🙄‼

 

歯に直接はめるものなので

着色があると気になりますよね。

 

なので基本的にマウスピースをはめたまま

色の濃い物を飲むのは控えたほうがいいと思いますので

忙しいときは大変ですが、

少しでも心がけるときれいに保てると思います😊

 

 

 

舌の癖について😋

2019年10月20日

 

こんにちは、

ひらざわ矯正歯科クリニックです😁✨

 

みなさんは、舌の正しい位置がある

ということを知っていますか?

 

 

舌が正しい位置にないと開咬という

前歯の噛み合わせが開いてしまう状態や

出っ歯や受け口になってしまう原因にも

なります😥

 

 

 

矯正治療をしていても

舌癖(ぜつへき)があると

治療が上手く進まなかったり、

インビザラインに浮きが出来たり、

治療後の歯並びの乱れにもつながります。

 

 

当院では舌の癖を改善するためのトレーニングを

患者様にも協力してもらい治療を進めていきます。

当院で紹介しているトレーニングは

2つあります。

 

 

①スポットポジションの練習

 

 

この星印のところに

舌の先をつける練習です。

1日10回行います。

 

 

②舌の力をつけるトレーニング

スポットポジションが理解出来たら

そこに舌の先をつけたまま

舌全体にを上あご全体に吸い付けます。

そして、舌の先をはなすと

❝ポン❞と音がでますので

音がしっかりでるまで練習します。

 

 

 

患者様によって様々なので

大まかな説明になりましたが、

こうしたトレーニングを

患者様の癖にあわせた指導を行い

お子様や大人の方にも

行ってもらっています。

 

癖はすぐになおるものではありません。

舌のトレーニングは必ず毎日行うこと、

普段の生活の中でも

スポットポジションを意識してもらい

舌の癖を治し舌の筋肉も鍛えます。

 

 

次回の投稿では舌癖があった

患者様の症例をご紹介します。

 

新しく導入しました🥰❕

2019年10月4日

 

 

こんにちは

ひらざわ矯正歯科クリニックです😄

 

つい最近、新しい機械が導入されました。

それはこの機械です!!!

 

 

 

 

これはマイクロエッチャーといい

これを使うとアタッチメントやブラケットが

外れにくくなるんですよ😊✨

マイクロエッチャーは簡単に説明すると

歯に細かい粒子を当てて

歯の表面に目には見えない凸凹を作ります。

 

なので、今までよりも外れてしまうリスクが

少なくなるんですよ😄

 

私たちスタッフもアタッチメントや

ブラケットをつけるとき

気持ちがいいくらいつくようになり

導入してよかったなと実感しました✨

 

 

初診「個別」矯正相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談

電話

〒497-0034
愛知県海部郡蟹江町本町9-45

名古屋から急行で10の好立地

受付時間
10:00~13:00///
14:30~19:00///
  • ※土曜・日曜(▲)は18:00までの診療
  • ※休診日 / 水・木・祝日

このページの先頭に戻る