無料カウンセリング

無料メール相談

医院ブログ|ひらざわ矯正歯科クリニック|愛知・名古屋

/名古屋駅から急行10/

土日診療駐車場完備

0120-17-18-18

〒497-0034 愛知県海部郡蟹江町本町9-45

午前 10:00 - 13:00
午後 14:30 - 19:00(土曜18時まで)

休診日 - 水・木・祝日

キービジュアル

歯磨きのポイント🦷✨

2021年05月25日

 

インビザライン治療をしていると

歯をうごかしているので、歯と歯の間ができてきます。☝

 

 

隙間があるとそこに食べ物が挟まってしまいますよね、、

治療をしている方は、本当にそう!と思ってくれると思います😂(笑)

 

歯の隙間に食べカスがついていると

虫歯にもなりやすくなるので

歯磨きだけでなくデンタルフロス(糸ようじ)を使う事をお勧めします😊

 

そのフロスの種類と使い方の紹介をしていきます👆✨

 

①指に巻き付ける方法

 

フロスを適当な長さに切ります😉

 

左右の中指にフロスを巻き付け、人差し指でフロスを固定します

 

 

 

 

 

そのまま歯間にギザギザするように入れ込みます。

 

 

歯にそわせて汚れをかきだすように動かします。

この時歯肉を傷つけないように気を付けましょう。

 

②ホルダータイプのフロス

 

F型とY型の2種類あります。

違いはFは前歯、Yは奥歯がフロスしやすくできています

Y型は奥歯も前歯もできるのでオススメです!

 

使用方法

フロスをゆっくり横にスライドさせながら歯ぐきまですべりこませます。

上下左右に動かして歯面にこすります。

フロスを抜くときもゆっくりスライドさせながら抜いてください。

 

ホルダータイプのフロスのが手軽に出来ます🦷

 

 

実は、、、

歯磨きだけでとれる汚れの割合はたったの6割なんです!

 

デンタルフロスを使用すると8~9割の汚れが取れます!

毎食後は難しいと思いますので夜だけでもフロスを通してみてください😁👌

 

矯正治療中は歯と歯の隙間ができるので

むし歯や歯周病にならないために

歯ブラシだけでなく、フロスを使う事をお勧めします🙆‍♀️

 

 

 

 

マウスピースの浮きありませんか?

2021年04月26日

 

マウスピースの確認は2カ月に一度にしています。

2か月間は患者様自身で確認してマウスピースを進めてもらうので自己管理となります。

なので、マウスピースを交換する前に浮いてないか確認してから

進めるといいですね😊✨

 

 

浮きがわかるように写真を用意しましたのでご覧ください。

囲んでいるところが浮いているところです😥

 

 

 

 

 

 

下の写真がピッタリはまった状態です😊

 

 

歯にピッタリはまっていますね😁

これが浮いていない問題のない状態です!

 

交換する時にこういう風にはまっていたら

交換してもOKです!👌✨

もし、浮いていたら日数をプラスして使ってもらいます。

日数をプラスしても浮く場合は枚数を戻るか、

一度来院して頂きこちらで状態を確認します。

浮いたまま進めても矯正はうまく進まないので

写真のように浮いていたらマウスピースを無理にすすめないで

私たちに相談してください。

ワイヤー矯正とインビザライン、悩んでいる方へ

2021年04月12日

 

 

矯正治療には大きく分けてワイヤー矯正とマウスピース矯正(インビザライン)があります。

今はコロナの影響でマスク生活になり、矯正を考える方が増えてきているように思います☺

なので人前でお口を見せる機会が減ったなどの理由からワイヤー矯正を希望する方が少し多くなった気がします。

そこで、ワイヤー矯正とインビザラインの向き不向きなどについてお話していきます。

 

①見た目

 

       ワイヤー矯正   ❌(裏側矯正は除く)

インビザライン  ⭕

 

インビザラインはマウスピースだけを使う訳ではなく

歯の表面にアタッチメントやボタンがつきます!

またインビザラインでも顎間ゴムを使うことがあるので

全く見えないわけではなく、目立たないということです😉👍

 

 

 

ワイヤー矯正はみなさんご存じの通りこういうものです

当院では透明のブラケットを使用しております

 

 

②痛み

 

ワイヤー矯正  ❌

インビザライン ⭕

ワイヤー矯正は調節後の痛みがインビザラインに比べて痛いです

ずっと痛いわけではなく徐々に落ち着きます🥺

インビザラインも全く痛くないわけではありません

マウスピースを交換すると締め付けられるような痛みはありますが

ワイヤー矯正と比べると少ないと感じます!😊✨

痛みの感じ方は人それぞれなので一概には言えませんが

私たちスタッフの経験上で感じたことです。

 

③自分に向いているかどうか

 

インビザラインはマウスピースを1日22時間使用しなければいけません

食事、歯磨き以外は付けていないといけないので

自分がめんどくさがり屋だと思う方はワイヤー矯正の方が向いているかもしれません。

なぜなら、時間がつかえず再スキャンを繰り返すと治療期間が延びてしまうこともあるからです🤦‍♂️

ワイヤー矯正は使用時間を気にしなくてもいいですが、

顎間ゴム(自分でかけるゴムかけ)は患者様の協力が必要です⚠

(ゴムかけは場合によってかけない時や掛け方が変わるときがあります)

 

 

 

 

 

④衛生上の管理

 

〈ワイヤー矯正〉  歯磨きが行き届かないところがあるので

歯肉炎になりやすかったり装置が外れてしまったりします。

〈インビザライン〉 歯磨きはいつも通りで大丈夫!

ただし、マウスピースを洗浄する必要があります🦷✨

 

⑤治療できない歯並びがあるのか

 

基本的にはありません!!

ただ、歯が欠損していたり、骨の状態が悪い、

補綴物(かぶせ物やブリッジ)が多いと難しい場合もあります

そういう場合はインプラントや骨移植も考えて矯正進めます😊

不安な方は一度カウンセリングにお越しくださいね🥰

インビザライン治療を上手く進めるには⑤

2021年03月14日

 

顎間ゴムってみなさん聞いたことありますか?😄😄

治療を上手く進めるためにはこれも大事なんですよ👆

 

ブラケットにもインビザラインの治療にも

口の状態おによって使うことがあります!

 

顎間ゴムとは、上顎の装置と下顎の装置に

またがってかける輪ゴムのことです😊🦷

 

顎間ゴムを使用する事により歯を目的の位置に動かし、

上下の噛み合わせを治します。

これは、矯正治療をスムーズに進めるために大変重要なものです😳👆

使用時間が不足したり使用方法を誤ったりすると、

歯が思うように動かないため、

治療期間が長くなる場合があります💦

 

 

使い方

マウスピースと同様、食事と歯磨きの時以外は使用してください💁‍♀️

ゴムは一日一回新しいものに変えましょう!!

一本のゴムが切れてしまった場合、つけている全てのゴムを交換してください

ゴムの力を均等にするためです🥰

 

 

かけ方

YouTubeに詳しく載せてありますのでご覧ください↓✨

 

 

 

 

下のお写真のように

ゴムかけをきちんと行うと綺麗に整います✨✨

今、ゴムかけをしているかたは

こんな風に治療が終われるように

必ず時間を守り頑張りましょうね💪

 

 

CTを導入しました!!🥺

2021年02月8日

 

 

 

じゃーーん🎉

 

 

 

 

なんと!!!

 

CTを導入しました🙌✨

3D画像で口腔内を立体的に観察するので、骨の位置や、病変の有無、親知らずなどを

正確に確認できます。

 

今まではパノラマ、セファロ、顎間節を分けて撮影していましたが

CTは一回の撮影で済むため、患者様への負担も少ないです😉

 

被ばく量も、少ないので安心ですね🥺

 

 

 

 

 

 

 

 

インビザライン治療を上手く進めるには【その④】

2021年01月19日

 

 

インビザラインについてたくさんお話をしてきました🦷

ですが上手く治療が進まない原因はまだあります😢

 

気をつけるべきことを

守っていてもマウスピースが浮いてしまった😭😭

時間や外し方を気をつけているのにどうして?

頑張ってるのにまた型どりし直し?

とならないために浮いてしまういくつかの原因をお話します。

 

①噛み方の偏り

 

普段自分の噛み方を気にしたことはありますか?

例えば、右ばかり噛んでしまう癖があると

右側の噛み合わせばかり干渉してしまい

左側は噛む機能を果たさないためいつまでも噛んできません😱

そのため、左だけ噛みづらいということが起きてしまいます。

なので噛み方に左右差が出てしまうといけません。

癖がある方は意識するようにしてみましょう🥺👆

 

②舌の癖

 

マウスピースの時間を守っていても

舌の癖があると矯正力よりも舌が押す力が勝ってしまい

治療しているのに今の歯並びより悪くなったり、

マウスピースが浮いてしまいます😫💦

なので、舌の癖を治療と同時に治していきます。

以前のブログに舌の癖を治すトレーニングについて紹介しています。

ご興味のあるかたはこちらからチェックしてみてください🙌

 

舌の癖について😋

③骨の問題

 

 

先天性欠如(生まれつき歯が人よりも少ない)や歯周病の進行などにより

歯槽骨という顎の骨が下がっている状態になると歯が動きにくいです。

なので、骨移植が必要となる場合もあります🦴✨

 

 

 

 

 

インビザライン治療を上手く進めるためには【その③】

2020年12月27日

 

今回はマウスピースの装着時間についてです。

初めて患者様にインビザラインをお渡しする時に

口を酸っぱくして「装着時間を守りましょう」とお伝えしています。

矯正に慣れてきてうっかり忘れた、などありませんか😟❔

もともと矯正はブラケット治療といって歯に直接器具をつけて治療していくものでした。

なので治療が終わるまでずーっとつけっぱなしの状態です。

 

それがインビザラインなどのマウスピース矯正は取り外しが出来、

食事の際は外さないといけないので

矯正の力がかからない自由な時間が出来てしまうということになります。

少しの間だけ外すことは問題ないのですが、

外している時間が長ければ長いほど問題になってきます。

もし装着時間を守らなかったらどんな問題がおきるのでしょうか😥

 

 ①歯がうまく動かない

マウスピースの歯型に歯並びが動くのは

22時間使用し、その22時間が連続で3~4日(加速装置あり)使用が必要と言われています。

1日や2日では動いてきませんし、

22時間使えていないと1日とカウントできないです🙅‍♀️

 

 

②歯の後戻りを引き起こす

歯は元にあった位置に戻ろうとする厄介な性質があります。

例えば、4日交換の場合、そのカウントしていた4日のうち1日でも使用時間が短いと

その1日で歯が後戻りを引き起こしカウントしていた分もリセットして

同じマウスピースの番号をまた1日目から振り出しに戻らないと

マウスピースが歯にあわなくなってきてしまいます。

 

③逆に歯並びが悪くなる

 

一番驚きですよね、こんなケースもあります。

写真のように奥歯が倒れてきてしまうケースです

 

 

 

マウスピースの装着の時間があきすぎると無理に奥歯に力がかかり倒れてしまう。ということです。

倒れてしまうとその歯を起こすという治療が必要になるので本来よりマウスピースの枚数が増えることがあります

 

 

④結果的に治療期間が延びる

今までの話を踏まえ、装着時間を守ってないと治療期間は確実に延びます。

使えない時間があり振り出しで数えていたりすると

結果、1枚のマウスピースを4日以上使うことになり交換のペースが遅れます。

また、マウスピースが合ってないまま枚数を進めていても歯並びは進んでいません。

合わないとなるとマウスピースを再度作り直す必要があります。

 

 

たくさんイメージの悪くなるお話ばかりでしたが

きちんと進めていればこのようなことは起きません。

時間を守っていてマウスピースが合わないことがあれば

違うことに原因があります。

その原因についてもまたお話します!!

悪い印象を与えてしまったかもしれません、、、

私たちスタッフもインビザラインを経験しています!!

お友達と食事する時や飲み会のときは時間を守るのはかなり厳しいですよね😭😭

旅行先で食べ歩きする時なんかも、、、

そういう場合は上手に調節しましょう!!

 

 

インビザライン治療を上手く進めるためには【その②】

2020年12月7日

 

皆さんはマウスピースを、一日のうちに何回外していますか?

着脱回数が多いと、浮きが出てきてしまう可能性があります。

では、着脱回数が多いと何故いけないのでしょうか。

 

①マウスピースが変形してしまう

外す際に力がかかりマウスピースが変形してしまうため、歯に合わなくなってしまいます。

 

②アタッチメントが外れてしまう

通常より外す回数が多いと、アタッチメントが外れやすい

アタッチメントが外れると、付け直さないといけなくなります。

 

③装着時間が足りなくなる

着脱回数がおおいと、装着時間が足りなくなり浮きが出てしまいます。

一度外してしまうと、着けるのが面倒になり長い時間外した状態になりがち😟😟💦

 

基本的には着脱回数が少ないほうがいいですが外さないといけない場合もあると思います。

 

その場合はマウスピースの外し方を丁寧にしたり一度外したらすぐ着けるように心がけましょう

 

 

正しい外し方の動画がYoutubeに投稿してありますのでご覧ください💁‍♀️

 

 

 

 

指でうまく外せない方はこのような道具もあるので大丈夫ですよ☝

ネイルをしている方、爪が短い方でも

爪を傷つけることなく外すことができます☺

 

 

 

インビザライン治療をうまく進めるためには【その①】

2020年11月17日

治療を進めていく中でマウスピースが浮いてしまう。という経験はありませんか?😭

浮いてしまう原因はいくつかあります。

なので原因について詳しくお話していきます。

 

マウスピースの付け方について

 

インビザラインをはじめた時に説明を受けると思いますが

慣れてきておろそかになってきていませんか😒❔

正しい付け方をしていますか?

 

使用時間を守っていても付け方が誤っていると

マウスピースが浮いてくる場合があります。

 

①アライナーチューイを噛むこと

 

マウスピースを付けた時に噛みこんでしっかり付けないと

歯にふわぁっとついた状態になってしまい歯がうまく動いてこないので

外出先にもアライナーチューイをお持ちいただいて

忘れずに噛むようにしましょう。😁

 

チューイを噛む以外にもアタッチメントの形が

マウスピースにしっかりはまるようにすることも大切です👆

 

 

チューイを噛むとマウスピースの溝にアタッチメントがしっかり

はまってくるようにはなるのですが

それだけでは付け方が甘い場合があります。

 

その場合はこんなふうにしましょう!

マウスピースを付ける→チューイを噛む

→歯の表面を指で押しマウスピースの溝にアタッチメントをしっかり入れる

                                                                                                                                                                                                                                                                                            

 

(矢印のように表面を押します)

こうしてきちんとはめることでマウスピースが浮いてしまう可能性が少なくなります。

ただこれを守るだけではうまく治療が進まない場合があるので

その他のお約束を守って治療を進めていきましょうね🥰

非抜歯ケース【インビザライン】

2020年10月16日

 

 

精密検査をし骨格を分析して抜歯をするかどうか判断します。

非抜歯で治療ができるとなった場合

①インビザラインからスタートできるケース

②顎を広げてからインビザラインに移行するケース

があります🦷❣

今回、顎を広げてからインビザラインに移行するケースについて

ご紹介してきます😁

 

インビザラインの前に

使う装置はこちらになります😊

 

上から見たお写真👇

 

 

付けるとこんな感じです😁

 

 

表側のワイヤーは無しにする事も可能です🥺

ご自身でネジを回して頂き、顎の幅を広げて

歯を並べるためのスペースを作ります😊

加速装置を使用すると、約3~6か月程度で

インビザラインに移行出来ます。

 

インビザラインに移行する前に

顎を広げてあげて土台を整えてから治療を進めていくと、

歯に負担がかかりにくいというメリットがあります。

 

インビザラインから始めたい気持ちがあると思いますが

土台を整えることが重要なんです!!

少しずつ少しずつ着実に進めていきましょう🥰

 

 

初診「個別」矯正相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談

電話

〒497-0034
愛知県海部郡蟹江町本町9-45

名古屋から急行で10の好立地

受付時間
10:00~13:00///
14:30~19:00///
  • ※土曜・日曜(▲)は18:00までの診療
  • ※休診日 / 水・木・祝日

このページの先頭に戻る