無料カウンセリング

無料メール相談

短期集中矯正の「ゼロベース×インビザライン」|ひらざわ矯正歯科クリニック|愛知・名古屋

/名古屋駅から急行10/

土日診療駐車場完備

0120-17-18-18

〒497-0034 愛知県海部郡蟹江町本町9-45

午前 10:00 - 13:00
午後 14:30 - 19:00(土曜18時まで)

休診日 - 水・木・祝日

キービジュアル

定額制

定額制

「ゼロベース×
インビザライン矯正」

特殊な矯正理論光加速装置
組み込むことで、
マウスピース型矯正装置
(インビザライン)を進化させます。

  • 治療期間の短縮(最短数ヶ月~1年)
  • 他院でマウスピース矯正は
    難しいと言われたケースでも対応可能
  • 治療後、後戻りしにくい
  • 治療前
  • 治療後

矯正治療で歯並びを整えたケース。
治療後、リテーナーを装着しないと
後戻りしてしまうリスクがあります。

  • 治療前
  • 治療後

矯正治療で歯並びを整えたケース。
治療後、リテーナーを装着しないと
後戻りしてしまうリスクがあります。

  • 治療前
  • 治療後

矯正治療で歯並びを整えたケース。
治療後、リテーナーを装着しないと
後戻りしてしまうリスクがあります。

  • 治療前
  • 治療後

矯正治療で歯並びを整えたケース。
治療後、リテーナーを装着しないと
後戻りしてしまうリスクがあります。

そもそも「ゼロベース矯正」とは?

診療

ゼロベース×インビザライン矯正を説明する前に「ゼロベース」という考え方をお伝えする必要があります。

ゼロベースとは、歯並びを悪くしている原因を改善し、正常な機能(人並み)の状態にしながら矯正治療を進める考え方です。つまり「マイナスからゼロの状態に戻しながら歯並びを整えていく」という考え方です。

なぜ当院ではこの手法を取り入れているのか
その理由をたとえ話でお伝えします。

家

家を建てる際をイメージしてほしいのですが、まずは家の土台となる「基礎工事」をしっかり行います。
その後に、柱や側面の工事を行います。基礎工事がしっかりしてなければ、途中で問題が生じて、工事期間が延びることもあれば、工事完了後に必ず何かしらの問題が生じます。

矯正治療ではどうでしょうか?

実は、「基礎工事」的なことは行いません。
最初からぶっつけ本番で治療を開始するのが一般的です。
これはワイヤー矯正、一般的に行われているマウスピース矯正(インビザライン)も同様です

その理由は、虫歯治療と異なり、矯正治療は歯を削らないため、問題が出たらその場で方向転換できる治療だからです。

ぶっつけ本番で治療をして問題は出ないのか
このような疑問がよぎると思います。

問題は生じます。
例えば、治療期間が無駄に伸びてしまうこと。
そして、治療後、噛み合わせなどの機能性をしっかり回復できず後戻りしやすい状態のまま治療を終えてしまうなど。

ゼロベース矯正では最初に何を行うのか?

歯並びが悪くなるには必ず原因があります。
その原因を把握し、早い段階で改善するための精密な治療計画を立案することで、歯が動きやすくなり、結果、治療期間が短くなります。そして、治療後の状態(審美性・機能性・後戻りのしやすさ)もよくなります。

では、どのようにして歯並びが悪くなる原因を改善し、お口の状態をマイナスからゼロに戻すのかをご説明します。

ゼロベース矯正その1「治療の成功は最初の診査診断で80%決まります」

理論2

ご存知でしたか?
矯正治療の多くが、「経験や勘」に基づいて行われている治療であることを。

基礎治療を行わず、経験や勘で行われている矯正治療に私は恐怖を感じます。
医療は「科学的根拠」に基づいて行われなければなりません。

当院ではCOA5やi-Teroという矯正診断システムを利用し、科学的に現状を分析しながら治療計画を立案します。これらを活用することで、「経験や勘」ではなく「データ」を基礎として緻密な治療計画を立案することが可能になります。

  • COA5
  • i-tero

またこれらを利用することで、「治療前」に「治療後の状態」をシミュレーションできるため、患者様と治療後の歯並びのイメージを共有しながら治療を進められるのも1つの大きな特徴です。

シミュレーション

ゼロベース矯正その2「バイオプログレッシブ理論」

理論

COA5やi-Teroを利用した診査診断や治療計画作成の際、当院ではバイオプログレッシブ理論を組み込んでいきます。専門的な話になってしまうため、簡単にご紹介します。

バイオプログレッシブ理論は、一般的な矯正理論と比べ、検査項目や診断の分類がとても細かく設定されています。その他、フェイシャルパターンを6つに分ける点も特徴的です。

院長

つまり、大雑把な検査や分類ではなく、最初に詳細な検査・分類をするので、その方に適した治療計画を立案できます。
つまり、より精密な治療が可能となり、仕上がりにも大きく差がでることとなるのです。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)を行っている医院さんは多くなってきていますが、最初の段階でここまで精密に治療計画を立てている医院さんは全国的にも珍しいと思います。

なぜ、ここまでこだわるのか?

理由は多くあります。
治療期間を短縮させるため、精度の高い治療をし、歯並びの美しさ・機能性を獲得するためなど。そして一番皆さんに伝えたいのが「マウスピース型矯正装置(インビザライン)の欠点」です。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)を利用した矯正は、人間の手がほぼ関与しない治療のため、途中での微調整が難しい治療でもあります。そのため、最初の段階で知識・経験のある術者がしっかり担当しないと、問題を生じやすい治療法でもあります。これが大きな欠点です。

この欠点をなくすためには、最初の治療計画立案の段階で、これまでの経験・知識をフル動員し、徹底的にこだわる必要があるのです。

診査診断後の矯正治療。「光加速装置」「マウスピース矯正」を利用

ゼロベースに基づいた治療計画を立案した後の治療に関して簡単にお伝えすると、治療スピードを1/2~1/4に短縮できる「光加速装置」と「マウスピース型矯正装置(インビザライン)」を利用していきます。

それぞれの特徴をお伝えします。

治療期間を短縮する
「光加速装置」の利用

光加速

一般の歯科治療と比べ、矯正治療は一定の期間を要します。
これが理由で、矯正治療に二の足を踏んでいる方もいらっしゃいます。当院の基本コンセプトは「治療期間の短縮」です。
そのために、ゼロベース矯正に基づく治療計画立案を行いますが、それ以外にも「光加速装置」というものを利用しています。
これは近赤外線を利用し、細胞を活性化させ、治療をスピードアップ(治療期間を最大1/2~1/4に短縮 ※個人差あり)させるものです。また、治療中の痛みを軽減する効果もあります

マウスピース型矯正装置
(インビザライン)

インビザ

透明で取り外しできるマウスピース型矯正装置(インビザライン)を利用します。透明なので目立ちにくく、簡単に取り外しできるため、衛生的です。しかし、簡単に取り外しできるため、ワイヤー矯正と異なり、装着時間は完全に患者様にゆだねられます。装着時間が少ないと、その分、治療期間が長くなるリスクがあります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)を開発したアライン社は、矯正治療の知識や経験の浅い先生方の乱用を恐れ、取扱いに関しての認定条件を定めています。当院の担当医はインビザライン「認定医」を取得しているほか、多くの症例を行った歯科医院に付与される「プラチナエリート」にも認定されています。

プラチナ

矯正治療というのは、歯科医師の資格を持った人間であれば、誰でも行うことができるのが日本のルールです。しかし、矯正治療は、虫歯や歯周病、入れ歯といった他の治療と別次元の治療となり、浅い知識と経験で行っていいものではありません。

「まとめ」 / ゼロベース×インビザライン矯正で達成できること

ゼロベース×インビザライン矯正によって達成できることをまとめます。
端的にお伝えすると、マウスピース型矯正のデメリット(治療期間が長い/難症例に対応できない/治療精度が不十分)を改善させた矯正だと理解していただけたらと思います。

達成できること1治療期間の短縮/最短数ヶ月~1年

マウスピース型矯正は2~3年かかるのが通常です。しかし、ゼロベース×インビザライン矯正では下記の取り組みを行うことで最短数ヶ月~1年で治療が終了します。

達成できること2難症例への対応/他院で断られた方でも対応可能

2ショット

あまり知られていませんが、マウスピース型矯正装置(インビザライン)では、難症例は対応できません。特に抜歯が必要となる、出っ歯・受け口などです。よく、マウスピース型矯正で「抜歯はしません」とアナウンスされていますが、抜歯ケースの対応ができないため、自ずと抜歯は行わないに過ぎません

奥歯

当院で行う場合でも、抜歯ケースはマウスピース矯正単体では対応できません
そこで、治療初期に一時的にワイヤーを用い(奥歯に装置をつけるので目立ちません)、その後に、マウスピース型装置を利用して矯正を行います。

ワイヤーとマウスピース矯正の「併用」です。

ケースによっては抜歯が必要になりますが、抜歯を必要としないこともあります。

達成できること3治療後の歯並びの美しさ

マウスピース型矯正はほぼ人の手が介入しない治療のため、微調整が難しい治療法です。
しかし当院ではゼロベース矯正/バイオプログレッシブ理論を取り入れることで、治療後の仕上がりもキレイなものとなります。

  • 治療前
  • 治療後

矯正治療で歯並びを整えたケース。
治療後、リテーナーを装着しないと
後戻りしてしまうリスクがあります。

達成できること4後戻りしにくい歯並びの創造

ゼロベース矯正では、歯並びが悪くなっている原因を除去し、歯がスムーズに並んでくれる環境を整えながら治療を進めますので、治療後、後戻りしにくい歯並びを創造できます。

初診「個別」矯正相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談

電話

〒497-0034
愛知県海部郡蟹江町本町9-45

名古屋から急行で10の好立地

受付時間
10:00~13:00///
14:30~19:00///
  • ※土曜・日曜(▲)は18:00までの診療
  • ※休診日 / 水・木・祝日

このページの先頭に戻る